You are here: Home > >

不貞行為をした夫から、離婚してといわれた妻はどうすればいいのか

今回は、離婚と不貞行為の関係について紹介したいと思います。

ご存知のとおり、結婚よりは若干数は少ないものの、離婚の数も多いものです。

原因として最も多いのが、この不貞行為についてです。

では、今回は、不貞行為を働いた(つまり不倫をした)夫が、妻に「離婚してくれ」といった場合、妻はどうすればいいのかということについて紹介したいと思います。

こういったケースはかなり多く、おそらくケースの上位にランクインされるのはないのでしょうか。

有責配偶者(この場合は、不貞行為をした夫)からの請求は、原則として認められておりません。

最近まではそのような判例が多かったのですが、最近では多少事情が変わってきました。

有責配偶者は一生その苦しみを背負っていかなければいけないかというと、そうでもありません。

有責配偶者は、他方の配偶者(この場合は、離婚してくれといわれた妻)に協議を申し込むか、家庭裁判所に調停を申し立てて、合意ができれば離婚できます。

しかし、他方の配遇者である妻が離婚に応じない場合には、もしそれでも離婚して欲しい場合には、地方裁判所へ訴訟を起こすことになります。

前述したように、最近まで有責配偶者からの請求は、認めてきませんでしたが、最近は認めるようになって来ました。

それは、夫婦関係が破綻しているのに、それを分かれさせないというのはおかしいという、現実直視の立場からです。

また、最高裁でも、相当の期間別居をしており、小さな子供がいなく、離婚して経済的に困らない状況であれば、不貞行為による離婚を認めるようになって来ました。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans