You are here: Home > >

固定値 見えない矯正 舌側矯正

見えない矯正である舌側矯正は、舌側の面で前歯部に弱い力を(light force)することが表側矯正に比べて難しい

これは、ワイヤのactivation rangeを減らし矯正力を均等に保つことも難しいという意味でもあるが、 昔からある表側矯正では、loopを利用して、ワイヤのactivation rangeを調整することもできるが舌側矯正でloopを複雑にワイヤに入れるのは容易ではない。

見えない矯正の舌側矯正では、表側矯正と比較しアーチワイヤのrigidityが増加した状態なので、固定値を高めるモーメントが発生するしかない。

このような現象が原因で臼歯部では、接続されて舌側装置の位置が表側装置と比較して抵抗中心に近いので固定値も比較的高い。

矯正力が発現される位置が抵抗中心に近いという事実は、歯のuncotrolled tipping現象を減らすモーメントがより簡単に発生される意味と同じである。

生理学的に分析すると、表側矯正に比べて舌側矯正は、抜歯された空間を閉鎖する過程で臼歯部の歯の根のbuccal torqueを造成し、 crown部位のdistolingual回転をより容易に起こす。

このような歯の動きは牽引方向に加えcortical boneに頼るanchorage効果を高めることができる。

唾液の影響をより多く受ける舌側の面ではsliding mechanicの場合に使用されるpower chainの牽引力も半分以下に減って弱い矯正力を期待していることが知られている。

舌側からの牽引力は、押下力のように作用すると、net forceの方向が抵抗中心の舌側に向かって作用して上顎前置の舌側傾斜を勝ち取る 一方の順側net force方向が抵抗中心に作用される。

見えない矯正の舌側矯正でのこのような高い臼歯部の固定値は、モーメントの発生に注意を払う必要がありますが、垂直的なbowing現象を防ぐことが できる源を提示しているので、適切な治療のメカニズムが適用されるべきである。

複雑な治療計画と治療のメカニズムが必要だった舌側抜歯ケースを紹介したら表側矯正治療される場合を考慮し、治療の結果を検討してみよう。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans